欲しいものに手を伸ばす

半年に一度くらいの頻度で
お目にかかることが出来るこのお方。




ジュエリーブランド
Laetitia デザイナー 若林 亜弥さん




今回は
ルームウェア受注会&ローンチパーティで
再会となりました。



(亜弥さんの手描き! 神の手!




ここ最近の
桂子さんのブログに綴られた心情が
あまりにもドラマチック過ぎて 笑

私も物作りに携わる人間として
まぁまぁ感情移入することになる 笑。






その静かな覚悟というか、
なんというか。


桂子さんの熱量に
きっと私のどこかが反応したんだと思う。


私に出来ることがあれば、と
パーティを少しお手伝いすることに。








何かを作るって
無限にある選択肢の中から

ひとつひとつ選んでいって
有限に落とし込む作業だと思っていて


その結果
自分の世界観が目に見えるカタチとなる。



雰囲気は…

素材は…

色は…

シルエットは…

この組み合わせはアリか…






そうやってひとつずつ決めていくんだけど

そこには
選ぶ楽しさや嬉しさがあると同時に
怖さもある。




『失敗したらどうしよう』

というより

頭の中にあるイメージを
カタチにすることで汚してしまうかも知れない、という葛藤というか。。



『どこまで自分のイメージに近づけられるのか?』

を常に考えてるように思う。




(亜弥さんの手描き!




まぁね
こればっかりは作ってみなけりゃ
わかりませんからね 笑。



しかも
作ったら作ったで絶対に

『次はもっとこうしたい』

ってのが出てくる。



だから
物作りに終わりはないし

葛藤しまくるし

なんかもう人生とおんなじだなぁ、なんて。








なので
私は物作りをしてる人が
大好きなのであります。





この日の亜弥さんは
イカしてるクラッチと





イカしたピアスをしていました。
(もちろん亜弥さんの神の手で作られたもの




そしたらね…
このピアスをね…
なんと誕生日プレゼントで頂けることに!!
(おねだりした、とも言う 笑





こんなこともあろうかと
ネイルもブルーにした甲斐が!(嘘







フック部分を新しくしてくれて
素敵なラッピングで先ほど到着❤︎





美しい。。。
そして亜弥さんっぽい。






そういえば…
去年も亜弥さんから
誕生日プレゼントを貰ったんだよなぁ。








やっぱり


綺麗

素敵

欲しい

嬉しい

怖い






素直に、素直に感じて
いろんなものに
手を伸ばしていくと


思いがけないギフトが届いたりする。



思い起こせば
亜弥さんと知り合うきっかけは
桂子さんのパーティだったんだけど


桂子さんは
人と人を繋げる場を作る人なのかも知れないな。



0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"