『疑う』を言い訳にしない

人と話すと
たくさんのことを感じたり、ハッと気付いたり。


それが
自分の人生を
もっと!より良くしたい!
と思ってる人なら尚更で。


私は今までもこれからも1000%、自分の好みの人生を生きている。

それは他の人も同じ。


それを心底わかった上で、モヤッと感じることについて



これはどういう意味だろう?


この真意は?


何でこんなに反応するの?


それに対して私の持つ設定は?




そんなことを
真摯に聞いてくれる人がいるって
とっても幸せなことだなぁ、と思うのであります。



(madame  Luciaのセクシーショット


新年会というか
打ち合わせというか何というか。


iPhoneフォトグラファー マイコ 
Luciaのドレスをカタチにしてくれる えみさん

2人と話したこと。




上っ面だけの共感とか要らない。


わかってるフリなんて要らない。


誰かの真似とか要らない。


自分の感情に丁寧に向き合ってます、なアピールで心の機微を必要以上に発信するとか要らない。


盲信なんて要らない。









=====



7月、Parisに行った時、何が怖かったか?


【Parisに行ける私】に酔ってるんじゃないか?


一番最初の『行きたい』という
あまりにも小さ過ぎる声が


【Parisに行ける私】に悦してるかもしれない


という疑いにどんどんかき消されていく。


そんな自分を見たくなくて
何度もやめたくなった。



でも今日、マイコに言われたこと。



自分がやりたいことを、
これ「悦かも。。。」って
疑ってやらない選択はしたくなくて


「疑う」を表現しないことの逃げに使いたくはないよね。




ほんとにそうだと思った。


そして
あの時Parisへ行ってよかった。




私の場合、

『やりたい…』

『行きたい…』

一番最初の声がやたら頼りないから 笑。



自分を丁寧に見てるフリして
やらない言い訳にするとか
もう要らないの。







ということで…

次の素材はこれに決まり。


little black dressを作るつもりで行ったのに
1mmも黒い要素がないというね。

しかも
デザインも絞れてないのに
布を買いに行くとか 笑。
先走りが過ぎますね。


布選びは毎回着地点が見えない。
でも面白い。


人生とおんなじ!



見てみないとわからない。

触ってみないとわからない。

やってみないとわからない。




だから
言い訳しない第1弾は


桂子さん会社設立記念パーティ用のワンピースを作る!


一瞬でも脳裏をよぎったか弱い声を
無かったことにしないと決めたのだ。




桂子さんは

理想に手を伸ばすことは
こんなにも人生を豊かにしてくれるんだよ

ということを体現してるステキな女性。


親近感と説得力と
お姉さん的な頼り甲斐と可愛らしさと。
魅力が幾重にも重なってる。



そして
桂子さんを介して知り合える人も
またステキなのです。


Luciaのロゴを作ってくれた
知り合ったのも桂子さんのパーティでした。


桂子さんのお祝いはもちろんだけど
次はどんな出会いがあるのかな?
それも楽しみのひとつです。



2/10は
各々好きな服に身を包み
輝く女性にたくさん会えますように。
一緒にお祝いしましょうね!


0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"