全てが素敵でなければ発信なんてしてはいけない

そう思っていたようです、実は。


いや…正確には
そう思っていたことに昨日気付いてしまった。


全てが素敵でなければ
発信なんてしてはいけない

と思っていました。
無意識に。



だから
全部が素敵ではない私が
こうしてブログを書いたりすることに対して

ぴったりと薄い膜がまとわりつくような
何とも言えない感覚があって

今思えば
勝手に感じてた後ろめたさだったんだなぁ。


センス云々を語ってる私は全部素敵なの?って。

素敵じゃないくせに何語っちゃってるの?って。



昨日ね
久々に梨花さんのInstagramを見てたら
電光石火の衝撃を受けました。


ファッションだけじゃなくて
生活の全てにこだわりがあるのが
一目瞭然で。


普通に

『あぁ、こういう人が本物のセンスの人なんだなぁ』

と思ったんです。


『私如きがセンスとか語ってる場合じゃない。。』

ってね。


急に恥ずかしくなっちゃって!笑


そうしたら
恥ずかしさついでに
昔のことを思い出したんです。



新卒で入社したブティックの
同じフロアの先輩に

『そのダサいパンツはどこで売ってるの?』

と言われたことを!笑


『ダサ子ちゃん』

くらいのことは言われていた記憶があります。。笑 



その当時
本当に垢抜けなくて華もないし

どうしたらお洒落になれるのか?

ブランド物を身に付ければそう見えるのか?

個性的なものを着ればそう見えるのか?


けっこう頑張っていた時代だったように思います。

きっと私自身、何が好きかもわかってなかったんでしょうね。。



あれから何年経ったのでしょう。。
(相当年数端折りまして



そして
振り切れた私は
服とかどーでも良い!
となる訳ですね。。

それが子育て時代。
(いや、今も絶賛子育て中ですけど 笑




(4年前…噴水の水ガブ飲みしてたな。。



近所のスーパーとか公園へ
お洒落していく気にならなくて

もっと言えば
誰も見ていない部屋で何着てもよくない??


でも
小綺麗にして公園に来る人もいる。


イコール

『私はきっとお洒落とか興味ないんだ。』

と結論を出す訳です。


私お得意のゼロかヒャクか理論ですね!


毎日Tシャツ&ジーンズ&スニーカーだったなぁ(遠い目




でもさー。。

華奢なハイヒールとか(ビーサンも好きだけど!
オムツも何にも入らないちっさいバッグとか
ミニスカートとか

見るとやっぱりテンションは上がるんです。


好きなんじゃない、やっぱり。

でも起きて寝るまでの全部を
お洒落にしよう、好きなもので埋め尽くそうという気持ちが出てこないのも事実。



(だらだらのお供にルル




だから
ファッションに白黒持ち込むのやめました。

というか

好みに白黒つけないし
全部極めなくていい

と心の底から決めました。

だって私には無理なんだもの。




(ことファッションにおいてはTPOもあるし
子メインの公園にハイヒールは似合わないということです(当たり前だ




毎日公園と家の往復で
私の着たい服の出番がなかった。
だからテンションも下がっていった。
それだけだった。




好きなものを着る=自己満足

これは本当に幸せな自己完結。



でもその傍らで
好きとか嫌いの次元を超えて

目の前にあるものを
何にも考えずに
着たい時もある。

スティーブ・ジョブズみたいに!笑



そして
そんな私でも
こうして想うことを発信してもよい。

スティーブ・ジョブズみたいにね!笑




いろいろが腑に落ちたら
こんな記事を見つけました。



これを観て肩の力が抜ける人!
私と話しが合いそうですね 笑。




今のところ私は
見えるところにしか気を配ってないなぁ。

部屋着とか
インテリアとか
食器とか

そんな諸々も吟味して選ぶ時が来るのかなぁ。



(どら焼きを温めて食べようとするも焦がす…このクオリティ…!!




その素敵な完璧さを
私は望んでいるのかなぁ。。

ぐうたらを愛しているこの私が。。


神のみぞ知るだなぁ!笑

0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"