願いの先にある景色

ある日
ノートに私の好きなものを羅列していて
ふと浮かんだ言葉。


それが

『ウエディングドレス』


はい、皆さん
ここまではご存知ですね?(お願い知ってて!



ウエディングドレスが気になり始めてから
毎日飽きもせず
ドレス画像を貪るように見漁りながら 笑


iPhone越しの麗しい世界に

『わぁ。。』

とため息が漏れ。。
ソファでゴロつきながら
本当に幸せな気分に浸る日々。

眺めるだけで幸せだった…。



のに…


欲が出て来ましたよ 笑。


『私の好きなドレスを集めたサロンを作りたいなぁ。』

と無謀にも思うわけです。
それが去年の10月末。

もう貪欲ね!




お気に入りのドレスと
それに合わせる靴やアクセサリーも
全て大好きで固めた空間。

大好きが全方位に放射!


でもね、ドレスは売らないんです。
私が毎日着てニマニマしなきゃだから 笑。
うふふ。



(ほらね、よく見るとニマニマしてる




そして
来てもらったお客様に

『あなたにはこっちの方が似合う!』
『このドレスにはこの靴で!』

とかやいのやいの言いたいのです。

ファッション評論家のピーコみたいにね!(古い?




サロンのコンセプトは

【さやかのワードローブで遊ぶ】

もちろんドレスは普段着扱いでございます!


言うなれば
バービーの着せ替えを
実寸大で行うようなものでしょうか。



(きのう出会ったおフランスのドットチュール
甘過ぎずでよろし!




お気に入りの香りが漂う
居心地の良い部屋で

綺麗なお花をたくさん飾って
(そのお花もブーケにして持って帰ってもらう

何回でも着替えて

ドレス姿できゃいきゃいコロコロ笑い
美味しいものを食べてお酒を飲んで
新郎不在のケーキカットもしますよ! 笑。

で、ときに深い話もしたり。


そんなサロンを作りたいなぁー、と。
楽しそうでしょ?!(遊びに来てね♡




少し前のブログ

『ドレスが繋げてくれる美しい人たちとの縁が何よりの宝物だと気付いた』

と書いたけれど、



今思えば
このサロンを作りたいと思ったのも
そんな素敵な出会いの場を作りたかったからなのかも。




そしてそれは
7月のパリでもう既に叶えてもらっていたんです。



(素敵なライトとお花の間に…謎のオブジェ!



パラスクラスのホテルドクリヨンで
私のドレスを代わる代わる着てくれて
写真を撮ってわいわいして。






パリで出会った人たちが
私の夢を叶えてくれました。

みんな、ありがとね。








12月のパリでは
さらに夢に近づきそうです。



(またこのゾウに会える♡
目撃すると金運が上がるらしい…!!




素敵なお花がそこここにある
ラグジュアリーなホテルで

私のデザインしたドレスを着てくれる人がいて

美味しいものを食べたり
お酒を飲んで

楽しく笑ったり
真面目に語ったり(多分ね!



(首から下をドレスにチェンジして頂ければ
雰囲気が伝わるかと…




私が思い描いていたシーンがパリで現実になりそうです。




夢とか願い事ってさ
周りの人が叶えてくれるんだね。






『このデザイン最高!』

と思っても
作ってくれる人がいなければ
極論ただのお絵描きで



『このドレス最高!』

と思っても
それを気に入ってくれる人がいなければ
ただの布な訳で。



もちろん
私は私のドレスを最高!と思えるように
ただそれだけを想って作るだけなので

誰に何を言われようと
大好きを変えることはないし(凹むとは思われるが 笑

見てくれる人が居ない
ただのお絵描きも
私を幸せにしてくれる本当に豊かな時間。


これは揺るがない大前提。


その一方で
作ってくれる人や着てくれる人の好みや想いを汲んで進めてゆく。
感謝を込めて。



ここに矛盾はないんです。
だってドレスを通して味わいたい気持ちは
おんなじだと思うから。




夢とか願い事は周りの人が叶えてくれる。

私も
誰かの夢の一端を担ってるかもしれない。

そう思うと何だか、いいよね。

0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"