委ねる覚悟

きのうは、
パリで短くも濃い時間を共にした、
より良い人生を求めようと
自分自身を丁寧に見続ける人たちとの再会の日でした。


(みんな楽しそうなの〜



パリ以来の方も、そうでない方も、
集まればピューッと時空を超えて
あの豊かな想いが渦巻いたあの場所に
戻って来たようで、良き時間を過ごせました。


人はそれぞれ好みの世界で生きている


この前提を共有しているから
各々が持つ設定について
フラットに軽やかにあーだこーだ言えるのでしょうね。

素敵な繋がりをありがとう!多謝!!



私は今まで

幸せとは!
悩みもなく1000%スッキリしていて
我が心の中には一点の曇りもない状態である

聖人君子のような心持ちでなければ
幸せにはなれないと思っていました。




そんなんだったら…

暗黒街を心に持つ私なんて…

一生幸せになれないじゃん…!!笑!!


と気付いた時は、まぁ電気走りましたよね。。


私の中にある矛盾を無かったことにしていたから苦しかったし
有ると気付いても、
そもそも矛盾はあってはならないと思っていたし。

出口が見えない禅問答のようです 笑。


もうね、
パキッとピシッと定規で引けるような
人生なんてないんですよ?(自問自答です

むしろそれを望んでいますか?って話なんですよ?(そうです、自問自答です


悲しさなのか
やましさなのか
切なさなのか
寂しさなのか
無力感なのか

そもそも理由は1つしかないって本当なのか?
物事ってすべて複合的だぞ?


頭で考えているだけでは
決してたどり着けない場所。

感じることでしかわからないのに。。




自分の中にある
その果てしなき虚無に飲み込まれてしまいそうで足がすくむような時がある。

そんな弱くてダサい私を見たくなかったけれど

それはもしかすると
圧倒的な何かを目の当たりにすると
畏敬の念を抱くような感覚と同じなのかも、
と思えるようになった。


(飛行機乗りたい…


やっぱり女の人は宇宙だし自然の一部なんだなぁ。

そして私は私に降伏するしかないのだなぁ。





読んでは止まり、
ほとぼりが冷めるまで待ち(何のほとぼり?

そしてまた読む。

まだまだ掴めていないけど、
読まずにはいられないこのシリーズ


アクセス数がすごいのに
表立ってのいいねが少ない矛盾!!笑



さきこさんの発信は
いつも色んなことを感じさせてくれる。



すぐ繋がらなくていい。

そのまま投げておこうよ。

それは逃げじゃないよ。


どんなことになっても受け入れるという覚悟。

そんな強さもあるよね。。





(ご唱和ください、と一本締めする勢い。。
でも誰もやってくれないの。。



それにしても
このお二人を前に私は
何をこんなに熱弁しているのだろうか…。

熱量の対比が半端ない。
こんな顔で話しているのね。
子供か!

0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"