美学と思えば

ふと
この場所が頭に浮かんだ時は
呼ばれているような気がして。

だから今週は2度目 笑。


田舎のオアシス



いつ行ってもここは
風が冷んやり心地よく
葉が揺れる音と鳥の鳴き声と
玉砂利を踏む音しか聞こえない
そんなお寺。
大好き。


何十年前から知ってたし
小学校の課外授業で行ったこともあったのに
今ほどシンパシー感じることはなかったんですよね。

お寺は変わらずそこにあったのに。
意識を向けると見方も変わる。

これは多分、大人になってミョウガの味わいがわかるようになるのと同じ原理でしょうか。。(…え?



葉っぱの上にぷるっぷるな水



そうそう!
ここの神様はほんとーに願い事を叶えてくれるんですよ。。(ウッシッシ


だから
叶ったことへのお礼をして、更にまたお願いをしてくる。

そうするとね
いつも風がサワーッと全身を撫でるように吹くんですね。

願い事が受理されました♡

と解釈しております。(希望的観測!!



神様はこんな景色を見てるんだなぁ



あれ?
このルーティン…どこかで聞いたことがあるぞ。。

さきこさんが教えてくれた
新月の願い事の方法と同じ!(今更気付く




しみじみ振り返りって大切だと感じます。

特に、
『何をやっても、今も昔も全然変わらないの…』

と思ってしまうようなタイプ(私みたいな
は必須事項ですね。
事実、目に見える形で確認出来ますから。

強めにお勧めします 笑。






でね、境内を歩いていて思ったのです。
人はそれぞれの美学で生きているんだって。


他の人を見て
私もそれ好き!と感じるのも
それは無理だわ…と感じるのも
美学の輪郭をはっきりさせるためのポイントに過ぎないんだなー、と。


だから
人の言動にやきもきしたって不毛なの。
だって美学ゆえですもの 笑。


はぁ。。
もうみんな好きに生きてるんだなぁ。。



話は飛びますが 笑
私は何か新しいことをやるって、とっても怖いことだったんです。

要は失敗というか
私の想像とは違う結果になるのが怖い。


でも、冷静に考えると
私ごときが想像出来る範囲で事が起こっても
きっと面白くはなさそうですよね…笑。


更に、【失敗】という言葉に私は何をのせているのか?と見たら

がっかりされたくないとか
怒られたくないとか
恥ずかしいとか
三行半を突きつけられるとか 笑

ほぼ相手目線です。
とほほ。


で、また美学の登場です。

人はそれぞれ美学が違うんだから
どう捉えられてもしょうがない。

良かれと思って…みたいなのも美学の違いの最たるものですよね。

単に相手のポイントと私のポイントがズレているだけで善悪も優劣もなし。


だから
私は私の美しいと思う在り方で、やり方で生きていく。

美学と思えば、他の人の持つ世界観にも興味が湧くし、尊重も出来る。

更には主張することも引くことも、もっとフラットに出来るんじゃないかな。


美しさに罪はなし!
美学に罪はなし!
あとは好みのみ!
フリーダム!


またひとつ身軽になった秋の夜長。

なのに
それを取り戻すかのような食欲の秋。。

0コメント

  • 1000 / 1000

Lucia

いつまでも自由に私を楽しむ 私史上最高に美しくなるドレス Lucia"ルキア"