記事一覧

猫耳ドレスのお貸出し

猫耳ドレス レンタルサービスについては以下の通りとなります♡レンタルの流れご希望の貸出期間をメールでお知らせ頂き、貸出可能かスケジュール調整をします。(基本的には1weekで承りますが、多少の融通は効きますので、結婚式の二次会等はぜひご相談くださいませ♡)ご自宅へクロネコ便でお届けします。サイズやイメージ等、ご満足頂けましたらご入金をお願いします。着用後はそのままご返送頂き、終了となります。¥48,000/1week(お客さまのお手元に届いてから

熟慮への憧れ

バラが美しく咲き誇る今日この頃。近所は庭を綺麗に手入れしているところが多く私もやってみたいような気持ちになってみるものの…そもそも大の虫嫌いだった…!!私が住む場所は尋常じゃなくカメムシがいるんですよ。しかもめっちゃでっかいやつね。洗濯物に大概張り付いてるので取り込む時が本当に嫌で!ベランダでひとり絶叫してみたり謎の動きで避けてみたり 笑きっと前世で虫責めで死んでいったんだと思う…。だからこんなに嫌なんだ…(勝手な思い込みこの嫌いは克服出来る気がしないから庭いじりも夢のまた夢だわ 笑。

枠は無い方がいいという枠

最近【枠】がわたしの周りをウロついている。自分の持つ枠を超えていく。それが想定外を経験するということ。何かあったとき自分の中で練りに練ったあたかも万全な安全策のように見えるものも結局は自分の小さな脳みそで考えたもの。そこに無駄なエネルギーを使わずにより自分好みの世界を作るためにエネルギーを向けていく。思えば最近嫌なことにフォーカスしてえらいエネルギーの無駄遣いをしていて(今朝までなんで嫌なことほどのめり込むように考えるんでしょね!やっぱり大好きと大嫌いはおんなじですね 笑。これはこういうものだ!とかこうならねばならぬ!とかは自分の持つ思考の癖でもあるし自分の持つ小さな枠のせいでもある。このお方に会うと『それ本当?』という万能の問いかけをしてくれるので即座に正気に戻ることができる。ここのところ頭を悩ませていた問題もあっさりと無かったことのように。本日のメインは私だけの香りを調香していただくミスティックセント。その名も【想定外】想定外、と聞くとなんとなく悪いイメージがあったけど自分の知らない世界に足を踏み入れるチャンスだと思うとちょっとだけニタニタしてしまう。あと少しだけなんでも相談室をされているようなので興味があれば是非!ゆう子さんに会うと自分が頭固いなーと思うとともにまた一つまた一つ、と要らない前提が取れてゆく。自分では当たり前過ぎる前提は人と接して気付いていくのが何より早い。

興味のないことは語れない

かつて何かのセミナーで何回か顔を合わせた人がいた。その彼女にも子がいたのだけど『子育てって概念が私にはない、し子供にあまり興味がない』と言っていてそれがとても印象に残っていた。なぜなら興味がない風には見えなかったから。あえて言うなら興味がないように装うことに意味があるように私には見えた。発信はほぼ子に関してなのに何故興味がないと言ったのだろう…。深まる謎。

誰かの口から発せられた言葉は咀嚼するから意味をなす

自分にとって重要なことは何度も何度もサインが来る。そのアプローチはいろいろだけど同じようなものを目にしたり同じようなことを耳にしたり。 1ヶ月前もこんなこと書いたけれど今日もやっぱり同じようなワードを耳にした。こだわり と 違和感私はこの二つを相当に駆使して生きている。こだわるとは自分の器を狭めることではない。自分の器を強固にするために必要な美意識。違和感とは世界を排他的に扱うことではない。自分の世界をしなやかに整えるための美意識。今日私の耳に届いた言葉はまた感覚への信頼性を高めてくれた。誰かの口から発せられる言葉に無駄なものはひとつもない。それは額面通り、言葉を受け取るのではなくて自分の内にあるものと照らし合わせてみるから価値が生まれるのよね。

私は何を大切にしているのか、を知る

4月は毎年、何かと気忙しい。今年はさらに引越しも重なっててんやわんやでございました。それがやっと一段落の兆しを見せ始めたのでブログなど。やっぱり生活基盤を整えるって大切だなぁ、と身をもって知ることとなる(今更ベースが不安定だと外側へ向けるエネルギーに影響が出るわぁ、と改めて感じた次第であります。そして新しい環境に自分が慣れるまで時間が必要だということも。言うなれば【慣れ】は体が勝手に動く自動制御みたいなものだから省エネなんだけど新しい環境や新しい方法に身を置くと最初は試行錯誤を繰り返して自分なりの方法を確立してゆくから時間も労力も必要になる。まぁ、そこは焦らずぼちぼち、ね。

終わりがあることの意味

私はなぜ80、90まで生きると思っていたのだろう。先日生命保険の見直しをしていた時にピンピンしている今の私のまま数字的な歳だけ増えている目線でしか考えられなくて何となくうまくイメージ出来ず老いとか寿命とか全然ピンと来なかった。その後しばらくして『え、なんで長生きするって勝手に思い込んでいるんだろ…』と我に返りまして 笑。